ソフトウェア開発における基礎と開発の基本的な流れをまとめたデジタル情報サイト

ソフトウェアとハードウェア

ソフトウェア開発というと、どうしてもプログラミングに意識が向いてしまう傾向にあり、ソフトウェアの開発ではプログラマーやシステムエンジニアが注目を集めてしまいがちですが、プログラマーとシステムエンジニアが混同されてしまうことも珍しくないなど、ソフトウェア開発に携わっている職業はわかりにくいかも知れません。

実際のソフトウェア開発に携わっている職業は、プログラミングを担当するプログラマー、ソフトウェアの開発方針を決めるソフトウェアエンジニア、パッケージソフトウェアの販売営業や受諾開発の依頼を受ける営業が主です。

それぞれの役割をもう少し詳しく述べるなら、プログラマーはプログラミングによるソフトウェアの開発を担い、ソフトウェアエンジニアはソフトウェアの設計を担うのですが、プログラマーがソフトウェア開発の設計段階から携わったり、ソフトウェアエンジニアがソフトウェアのプログラミングも行ったりする場合もあることから、分業されているにもかかわらず両者の境界は曖昧で、プログラマーとシステムエンジニアが混同されるのも仕方がない側面があります。

ちなみに営業は、一般的な営業職のイメージから外れることはなく、パッケージソフトウェアの販売や受諾開発依頼を受けることを主な仕事としていますが、受諾依頼において依頼者の要望を正確に伝え、エンジニアに齟齬なく伝えるために、ソフトウェアの設計と開発双方への深い造形が求められるでしょう。

ソフトウェア開発に携わる職業

ソフトウェアは電子機器に搭載されているプログラムのことであり、ハードウェアは物理的な部品を伴った電子機器ですが、ハードウェアに対応したソフトウェアを用意できなければ、ハードウェアは十分なスペックが発揮できず、ハードウェアがないとソフトウェアは動作できません。

ソフトウェア開発とシステム開発

ソフトウェア開発とは、ハードウェアに搭載された電子機器に内蔵されているコンピューター上で動作するプログラムを開発することを指し、システム開発混同されることもありますが、システム開発が広義においてハードウェア開発を含むのに対して、ソフトウェア開発はシステム開発を内包していないのです。

基本的な開発の流れとソフトウェアの保守

基本的なソフトウェア開発の流れは、まず要件定義を行い、基本設計書をまとめて設計して、設計書に従いプログラミングを行い、ソフトウェアのプロトタイプ版を開発した後、プロトタイプ版のテストをしてから、デバッグを重ねていき、完成後、マニュアルを作成して納品しますが、納品後の保守も行います。